ページトップへ
施工費の話

施工費の話

気になる予算のこと

ここまで読んでくださったあなたが、工法にも納得したし、横田建設の家づくりに対する姿勢にも共感してくださったとします。でも、そこで気になるのが予算のことではないでしょうか。

一体いくらくらいかかるのだろう。家本体の工事費に加えて、どのような費用が発生するのだろう。特に初めて家を建てるというお客様には、わからないことだらけだと思います。そこで、横田建設の建てる家の施工費について、少しご説明したいと思います。

 

 

性能にしっかりと予算をかけるのは基本

横田建設では、大切な家の性能を左右するものについては妥協をせず、それ以外のところでは、できる限り無理をしない家づくりをお勧めしています。長い目で見れば、性能の部分の予算をしっかりとみておいた方が、毎日の暮らしが快適なのはもちろん、後々のメンテナンスに余計な費用をかけなくて済むからです。

その場合、削ることのできない予算が、工事面積40坪の家を建てるとして、坪当たり約65万円(税別)かかります。ここにキッチン、ユニットバスなどの内外設備費を足すのですが、横田建設では一番リーズナブルな価格のものを標準仕様として、約400万円の予算としています。これを坪当たりに換算すると、400万円÷40=10万円となり、坪単価は65万円+10万円=75万円(税別)となります。

キッチンやユニットバスはショールームを回れば回るほど、グレードが高くなっていくもの。一生に一度の家づくりとなれば、無理もないかとも思いますが、標準仕様で十分に素敵なものもありますので、私たちスタッフにご相談いただきながら、賢く家づくりをしていただけたらと思います。

 

工事面積40坪の場合

坪単価 約75万円(税別)
65万円/坪 

性能にかける予算|削ることのできない大事な部分

10万円/坪

内部設備費【キッチン、ユニットバスなど】
400万円÷40

※全て税別の価格です

  性能にしっかりと予算をかけるのは基本

 

 

小屋裏利用でひと部屋得した気分

横田建設の家で「これはお得」と、お客様に好評なのが、どの家にも広々とした小屋裏があることです。これは大きな特長の1つで、換気システムの熱交換ユニットなどを設置するために小屋裏空間が必要なのです。メンテナンスのため、階段もちゃんと設けられています。

広々とした小屋裏は、涼温換気システムのおかげで温熱環境・空気環境がとても良く、ふつうの部屋と同じように、様々な用途に使っていただけます。
一般的な住宅ですと小屋裏は夏は極暑、冬は極寒で、居られたものではありませんが、横田建設の家では普通の部屋と同じように過ごすことができます。ウワサでは、隠れ家的書斎として、また昼寝スペースとして活用しているお父さん方が多いのだとか…。

 

 

その他の費用

初めての家づくりでは、「こんなところにも意外にお金がかかるんだ!」と、その時になってあわてるケースが少なくありません。そんなことのないよう、付帯工事や諸費用がどれくらいかかるものかを、前もって知っておきたいものです。横田建設の場合を例にとって一覧にしましたので、参考になさってください。

家づくりにかかる費用
1.地盤調査   10万~
2.確認申請   30万~
3.杭工事   100万~
4.エアコン工事
(補助として必要な場合)
  10万~
5.外構工事   100万~
6.照明工事   坪あたり¥6,000~
7.カーテン工事   坪あたり¥10,000~

※条件によって、水道の引き込みや、土留め工事が必要(別途料金)になる場合もあります。ご相談ください

 

家づくりにかかる費用

 

5の外構工事については、「家づくりにお金を注ぎ込みすぎて、外構工事にかけるお金がなくなった!」という話をしばしば耳にします。そんな時「外構はまた、お金が貯まってからされたらどうですか」という営業マンもいるとかいないとか!横田建設では考えられない話です。

横田建設では、外構も併せて依頼していただくことが多いのですが、せっかく頑丈な家を建てているのですから、塀がちゃちでは許せません。横田建設で請け負った外構工事は、基礎はもちろん、立ち上がりにも縦横に鉄筋を入れた頑丈なもの。地震が来ても倒れないような塀を造っているという自負はあります。職人やスタッフの間では「万一車が塀にぶつかっても、車の方が大破だね」という会話が、何気に(?)交わされています。

これらの外構工事(塀・門・カーポートなど)は、だいたい100万円からでお引き受けしています。外構は家の顔。家を建てた者が誠意をもって、その周りもつくるのが、一番いいものができると私たちは考え、できる限りリーズナブルな価格で、品質の高いものをご提供できるよう努力しています。

また税金等諸経費ですが、土地を購入した場合に所有権を自分名義にする手続き、建物を新築した物件概要を登記する手続き、完成した建物の所有権を自分名義にする手続き、ローン契約のために土地や建物に抵当権の設定をする手続きなど、いろいろな登記が必要となり、その都度税金や代行手数料がかかります。その他、土地を購入した場合には仲介料が、ローンを組んだ場合にはローン保証料、融資手数料、火災保険料などがかかります。

さらに、土地や建物を取得した際に、一度だけかかる税金として不動産取得税があります。建物は固定資産税評価額の3%、土地は4%です。ただし、それぞれに軽減措置がある場合が多い(年度によって変更等あり)ので、ぜひお調べください。

忘れてならないのは、住宅を取得したことによって、毎年かかる費用です。固定資産税・都市計画税・ローンなどです。あとは、建て替えの場合は仮住まいの契約金や約半年分の家賃、引っ越し代金などにも結構かかるようです。横田建設では仮住まい用の住宅をいくつか持っておりますので、ご計画中に空きがあれば、仮住まいに関わる費用がかなり抑えられそうです。

土地購入価格と、建物建築価格の総額の10%くらい用意できれば安心できそうですね。

 
毎年かかる費用もお忘れなく!

固定資産税/都市計画税/ローン などなど

毎年かかる費用もお忘れなく!

 

 


 

お客様の

"お客さんに余分なお金を使わせたくない"っていう
社長の気持ちが嬉しかった

さいたま市T様

 

私の場合は、どうせつくるならあまり予算のことはうるさく言わずに、頑張れるだけ頑張ろうと思っていたんです。実際、窓を電動シャッターにするなど、お金をかけるところにはしっかりとかけました。でも、外壁をタイルでやりたいと言った時に、社長が「モルタルでいいって」とひと言。タイルにすると400万円くらい余分にかかるのを、「もったいない」って止めてくれたんです。いい人だなあと思いましたね。お客さんに余分なお金を使わせたくないんだなあって。だからうちの横田建設さんに対する信頼感は絶大。知り合いが家を建てる時など、「横田建設はいいよ」って心から勧めています。

さらに詳しくお聞きしました!
住み心地感想集