ページトップへ

ただいま建築中

  • 建築レポート| 全物件

さいたま市見沼区石田邸 注文住宅 

写真

横田建設の家の良さを知っているからこそ住みたかった~社員石田念願の『涼温な家』~

1.2018年01月15日
サイディング工事
サイディング工事
気密測定を終え、サイディング工事が進んでいます。まだ足場と養生シートが掛けられている為、近くからの撮影です。
2.2018年01月12日
気密測定
気密測定
測定器の上段右側の数値の通り、家全体の隙間の合計が32㎠ということが分かりました。一般的なスマートフォンの液晶画面の半分にも満たない大きさです。この数値を測定建物の実質延床面積で割ります。その結果、C値0.21㎠/㎡となりました。良い数値です♪当然と言えば当然の結果なのですが、それでも一安心(^^
3.2018年01月12日
気密測定 
気密測定 
断熱工事が完了し、いよいよ本日は気密測定。横田建設では全棟実施しています。結果が良いことは分かっていても、毎回少しドキドキ。
4.2018年01月11日
6分岐チャンバー(2階)
6分岐チャンバー(2階)
こちらは2階に設置された6分岐チャンバー。センターダクトによる給気と同様、排気経路も重要なポイントです。
5.2018年01月10日
6分岐チャンバー(1階)
6分岐チャンバー(1階)
1階の各所の天井に設置される排気口。その排気を1ヶ所に集約する6分岐チャンバー。ここから小屋裏の換気システムへと繋がります。
6.2018年01月09日
ダウンライト下地
ダウンライト下地
玄関ポーチの照明はダウンライトです。先行して下地を入れておきます。
7.2017年12月29日
現場打合せ
現場打合せ
年内最後の現場打合せ。内部の細かい収まり等を確認しています。
8.2017年12月28日
断熱工事(外壁)
断熱工事(外壁)
二層目の断熱材(外壁部分)が張られ、縦の通気胴縁が取付けられました。この上にサイディングを施工すると、胴縁の間が外壁面の通気層となります。
9.2017年12月27日
ベランダFRP防水
ベランダFRP防水
ベランダのFRP防水。仕上げの色はグリーンの予定です。
10.2017年12月26日
電気配管
電気配管
内部では電気の配管・配線が行われました。
11.2017年12月18日
屋根工事(仕上げ)
屋根工事(仕上げ)
屋根の仕上げが進んでいます。色は『グラッサ・クールブラウン』
12.2017年12月14日
屋根工事(仕上げ)
屋根工事(仕上げ)
屋根の仕上げ材が搬入されました。石田邸はKMEWのコロニアル遮熱グラッサです。
13.2017年12月13日
断熱工事(外壁)
断熱工事(外壁)
壁の断熱材一層目を張り終えると、継ぎ目に気密テープを貼り、一層目の断熱材の継ぎ目を跨ぐようにして二層目の断熱材を張っていきます。
14.2017年12月11日
断熱工事(外壁)
断熱工事(外壁)
屋根の断熱工事と並行して、壁の断熱工事も進んでいます。まずは一層目。
15.2017年12月09日
屋根工事(ルーフィング)
屋根工事(ルーフィング)
野地板の上にアスファルトルーフィングを敷いています。
16.2017年12月09日
屋根工事(野地板)
屋根工事(野地板)
屋根の断熱工事が完了し、次に仕上げ工事に入ります。上垂木に野地板を張りました。
17.2017年12月08日
屋根工事(断熱材三層目)
屋根工事(断熱材三層目)
三層目の断熱材(ミラネクスト ラムダ)を施工。これで屋根の断熱工事は完了です。
18.2017年12月07日
サッシ搬入
サッシ搬入
順調に工事が進み、壁の断熱工事の前に樹脂サッシが搬入されています。サッシを取り付けた後、壁の断熱工事へと進みます。
19.2017年12月06日
屋根工事(上垂木)
屋根工事(上垂木)
上垂木が掛けられました。自慢の基礎工事同様、建物が完成すると外部からは見えなくなりますが、見えなくなるからこそ力が入ります☆
20.2017年12月04日
屋根工事(断熱材二層目)
屋根工事(断熱材二層目)
断熱材下地の上に二層目の断熱材が張られました。断熱材の継ぎ目には気密テープを貼ります。次に下垂木と同じ位置に上垂木を掛け、更に三層目の断熱材を張るので、気密テープが剥がれる心配もありません。
21.2017年12月02日
屋根工事(断熱材下地)
屋根工事(断熱材下地)
一層目の断熱材の施工が完了し、二層目の断熱材下地となる合板を下垂木に留めて行きます。このような一つ一つ丁寧な作業の積み重ねがとても大事なのです。
22.2017年11月29日
屋根工事(断熱材一層目)
屋根工事(断熱材一層目)
下垂木を掛け終わると、一層目の断熱材を垂木間に施工します。
23.2017年11月28日
屋根工事(下垂木)
屋根工事(下垂木)
無事に上棟を終え、次に始まるのは屋根工事。まずは垂木掛けから。
24.2017年11月25日
上棟
上棟
上棟式も滞りなく進み、日暮れ前に無事終了。来春お引渡し予定です。賃貸アパートでの寒い冬も今シーズンで最後ですね(^^
25.2017年11月25日
上棟
上棟
皆で力を合わせ、無事に棟上げ。
26.2017年11月25日
上棟
上棟
本日は、11月25日 大安 快晴です。寒さは厳しいですが、絶好の上棟日和♪
27.2017年11月22日
足場組み
足場組み
棟上げに先行して足場が組まれています。この時期は日が暮れるのが早いですね。
28.2017年11月21日
土台敷き
土台敷き
足場組みと棟上げに先駆けて、土台敷きが行われました。
29.2017年11月11日
上棟準備完了
上棟準備完了
給排水の先行配管も終わり、上棟の準備が整いました。
30.2017年11月11日
柱脚金物
柱脚金物
玄関ポーチの独立柱の柱脚金物は、鉄工所に依頼して作るオリジナル。基礎にガッチリと緊結されます。
31.2017年11月05日
墨出し
墨出し
上棟に向けて、土台の位置を示す墨出しをしています。
32.2017年11月04日
基礎完成
基礎完成
『ミラポリカMP工法』施工後は、基礎外周部に樹脂モルタルの下塗りをします。これで上棟前の基礎工事は完了。美しい基礎の完成です。
33.2017年10月30日
ミラポリカMP工法
ミラポリカMP工法
養生期間を経て型枠が取り外されると、次は防蟻処理です。
シロアリ対策について詳しく
34.2017年10月28日
基礎工事(独立基礎)
基礎工事(独立基礎)
特製の型枠を使用して独立基礎のコンクリートを打設します。
35.2017年10月27日
基礎工事(コンクリート打設③)
基礎工事(コンクリート打設③)
コンクリートの打設が完了しました。円柱形の独立基礎の施工は明日以降。その後養生期間に入ります。
36.2017年10月27日
基礎工事(コンクリート打設②)
基礎工事(コンクリート打設②)
続いて耐圧盤へ。
37.2017年10月27日
基礎工事(コンクリート打設①)
基礎工事(コンクリート打設①)
基礎コンクリートは耐圧盤と立ち上がりの一体打ちです。まずは外周部から。
38.2017年10月25日
基礎(型枠)
基礎(型枠)
配筋検査後、内側の型枠を設置。明後日にコンクリートを打設します。
39.2017年10月17日
基礎配筋検査
基礎配筋検査
本日は、現場検査員による基礎配筋検査が行われました。無事に合格し、コンクリート打設の日を待ちます。
40.2017年10月14日
基礎配筋(耐圧盤)
基礎配筋(耐圧盤)
地中梁に続いて耐圧盤の配筋が完了しました。
41.2017年10月10日
基礎外断熱
基礎外断熱
基礎外周部の型枠に防蟻性断熱材「ミラポリカフォーム」を設置しています。ここに隙間があっては意味がありません。丁寧かつ正確な施工が求められます。
42.2017年10月09日
基礎型枠
基礎型枠
基礎外周部の型枠と「うま」が設置されました。次は大事なシロアリ対策 防蟻性断熱材「ミラポリカフォーム」の施工。『涼温な家』は基礎も外断熱が絶対です。
43.2017年10月07日
捨てコンクリート
捨てコンクリート
防湿シートが敷かれ、捨てコンクリートが打設されました。
44.2017年10月06日
砕石地業
砕石地業
お馴染みのホワイトチョコ状態です(^^
45.2017年10月06日
根切り・地業
根切り・地業
基礎工事に入りました。コンパクトなのであっと言う間に根切りが終わり、砕石の転圧が行われていました。
46.2017年09月23日
遣り方
遣り方
鋼管杭による地盤補強工事が終わり、本日は遣り方。建物本体工事(標準工期約6ヶ月)の起算日となります。
47.2017年09月21日
地盤補強工事
地盤補強工事
地盤調査の結果、補強工事が必要との判定。8.5mの鋼管杭を27本打ち込みます。
48.2017年09月19日
地縄
地縄
周りの建売住宅は既に売出し中です。この一角で最後に着工する石田邸は『涼温な家』♪大安の本日、まずは地縄張りから。

物件データ

設計担当  今村裕介・横田裕介
工事担当 田口政晴