【き】北側斜線制限/きたがわしゃせんせいげん

北側隣地における日照条件等の環境の保護を

目的とし、第1種・第2種低層住居専用地域、

第1種・第2種中高層住居専用地域の建築物に

適用されます。

第1種・第2種低層住居専用地域内の建築物の

各高さは、建築物の当該部分から真北方向にある

前面道路の反対側の境界線または敷地境界線まで

の距離の1.25倍に5m(第1種・第2種中高層

住居専用地域は10m)を加えた数値以下に制限

されます。

北側に水面、線路敷等がある場合は制限の緩和

があり、また天空率を指標とした斜線制限の緩和

もあるので詳しいことはお問い合わせください。

この制限により家の高さや間取りが

制限される場合もあるので注意が必要です。

 

北側隣地
   

家づくりを知る|YOKOTAペディア

ページトップへ