住み心地感想集

横田建設の「いい家」の住み心地はいかがですか?|お客様邸

無垢の木を使った、あたたかい家

草加市 K様邸

「子供の頃からの夢だったから、しっかり勉強して、楽しんで建てました」

「子供の頃からの夢だったから、しっかり勉強して、楽しんで建てました」

「いい家」が欲しい。」という一冊の本との出会いをきっかけに、横田建設にコンタクトしてくださったK様。小さい頃から"家"に対して抱いていた思いをすべてつぎ込んだというK様邸は、心和む明るい外観。室内には無垢の木が使われ、塗り壁が目にやさしい、ナチュラルな印象のお住まいです。

 


外観
外観  

外観

  黄色い壁、白い窓枠、緑のドア。
見ているだけでほのぼのしてくるK様邸の外観。"地に足をつけた暮らし"を大切にしていらっしゃるご一家です。

 


リビング

リビング

クリの木の床にシラス壁。空気が気持ちいい部屋では自然に笑顔がこぼれます。お父さんと息子たちは真冬以外はつねに裸足です。

 


2階

2階

2階の床にはひのきを使いました。子供たちが遊ぶので傷だらけ。でも無垢の木の床はそれも味になってしまいます。

2階

板の間と畳を、段差なく自然に馴染ませているのは、ベテラン大工ならではの仕事。

2階

2階の中央部で存在感を誇る、大容量のウォークインクロゼット。子供たちは別の意味で大喜び!

 

2階

書斎コーナーには住宅関係の本がぎっしり。
「ここは北向きですが、窓は結露しません」とご主人。

 


小屋裏

小屋根

杉の木の床の、広々とした小屋裏。どう使おうか計画中だそうです。

 

小屋根

熱交換器のフィルター掃除はご主人担当。「とても簡単ですよ」

 

楽しかった家づくり

楽しかった家づくり

藁床の畳や断熱材など、家づくりの材料を大切に保管しておられるK様。「畳ってこんな風にしてつくるんだね」

楽しかった家づくり

子供たちも一緒に床下点検中!「冬でも床下、寒くないよ」

 

 

特別座談会

「 横田建設との家づくりを振り返る 」

「 横田建設との家づくりを振り返る 」

K様

 
自分で描いたプランに対する横田社長の対応で、
信頼感が一気に増しました
浅岡 K様は最初、ホームページからお問い合わせしてくださったんですよね。
ご主人 そうです。「「いい家」が欲しい。」を読んで感動し、埼玉県で建ててくれそうな所を探したんです。うちは草加市なので横田建設さんからは少し離れてるでしょ。建ててもらえるのかなとちょっと不安だったのですが、応対してくれた伊藤さんから「大丈夫ですよ」と言われた時にはホッとしました。
裕介 嬉しいなあ。そこまで横田建設に入れ込んでくださって。
ご主人 いろいろな住宅会社にも行ったんですけどね、こちらが何も知らない素人だと思って、きちんとした説明をしてくれるところが少なかったんですよ。「いい家」をつくる会の会員工務店である横田建設さんなら、まずそういうことはないだろうと。
奥様 私は主人が「「いい家」が欲しい。」を読んでいるって知らなかったから、なんで横田建設なの?ってきょとんとしていました(笑)
浅岡 ご主人が初めて私たちの会社に来られた時に持ってこられた図面、あれ、ものすごく完成度が高くて、いまでも鮮明に覚えています。
ご主人

そう言ってもらうと嬉しいなあ。寝ないで考えましたからね。2パターン持って行って、1つ目を横田前社長が即座に「これはダメ」って却下した、僕はあれでかえって信頼度が増しましたね。そして、2つ目のを「これはいい」と言ってくれて、次の打ち合わせの時には1階の水回りの部分が手直してあった。これがプロの仕事なんだなあって、感心したのを覚えています。

そうそう、前社長についてはもう一つ、感動させられた思い出があるんです。それは、僕が「長持ちする家をつくってくださいね」って言ったら、「当然のことです」って、むしろ社長の方がびっくりしたみたいに答えたこと。それが横田建設さんにお願いする最後の決め手になりました。

裕介 前社長は私の親父でもあるんですが、どうも物言いに愛想がなくて。その代わり、長持ちする家にはとことんこだわっていますので、ぶっきらぼうなところは勘弁してやってください。
 

自分で描いたプランに対する横田社長の対応で、 信頼感が一気に増しました

「 横田建設との家づくりを振り返る 」

 


 

裕介

 
お客様のおかげで成長させてもらえる。
K様はそのことを強く感じさせてくれた恩人なんです
裕介 K様には、私たち横田建設の新しい可能性を開いてもらったなあって、いつもスタッフで話しているんですよ。
ご主人 ええっ!そんなこと言われたら恐縮するじゃないですか。
裕介 でも本当ですよ。私たち、信念をもって家づくりをしているつもりですが、知らず知らずのうちに、自分達のやり方というのが決まってくる部分があるんです。そこを、こんなことしても面白いんじゃない?って、K様が気づかせてくれたわけで…。
浅岡 そうそう。例えば無垢の木にしても、1階は栗、2階はひのき、小屋裏は杉というように使い分けられて、それも木の手触りや色目なんかを、非常に細かく吟味された上で決めておられる。私自身がとてもいい勉強をさせてもらいました。
ご主人 いやあ、僕も新木場まで材木を見に行くことができて、楽しかったです。
裕介 SA-SHEの家というのは温熱環境がとてもよくて、フローリングであっても足元が冷たくない、だからそれで十分、みたいなところもあるんですね。特にうちの前社長は、性能以外の部分ではできるだけお客様にお金を使わせたくないという気持ちが強かったので、これまで敢えて無垢の木であったり、漆喰の塗り壁であったりということには大々的に取り組んではこなかったのですが、これからはそういうのも面白いなって、思うようになりました。
 

K様が取り寄せた無垢の木のサンプル

K様が取り寄せた無垢の木のサンプル

 


 

K様

 
高気密・高断熱、そして換気。それをクリアした上で、木の家を建てられる工務店が意外と少ないんです
裕介 ところで、仕事もこなしながら家づくりにもしっかりと取り組まれて、K様のそんなところもスタッフの間で「すごい!」と評判になっています。
ご主人
何千万円というお金を払うんですからね。そりゃ調べますよ。木の家にこだわったのは、子供が生まれることがわかっていたから。木のやさしい感触や色合いの中で子育てしたかったんです。
ところが「木の家」というのと、「高気密・高断熱」、「換気」の3つの要素を満たせるハウスビルダーが意外に少ないんですよ。木を前面に出しているある工務店では、「気密や断熱をそんなにちゃんとしなくても、木で建てれば大丈夫ですよ」なんて、何が大丈夫なのかよくわからないことを言われたりもしました。その通りにしていたら、今頃「寒い、寒い」って言っていると思います(笑)。
  高気密・高断熱、そして換気。それをクリアした上で、木の家を建てられる工務店が意外と少ないんです
浅岡 そうですね。まず性能面をしっかりと確立した上で、材料の選択をするという順番ですよね。
ご主人 ここは埼玉県南部ですが、これから環境はよくなっていくという風に楽観はできないですからね。1km先には塗料の工場もあるし。これからを考えた時に、24時間型の第1種換気は外せない要素だと思います。
奥様 木と言えば、大工さんたちの木の扱いはすごかったわね。熟練の技、って感じで。
ご主人 そうだね。見ているのが楽しかったよね。
奥様 主人は、会社に行く前に現場に寄って、大工さんとお話しするのをとても楽しみにしていたんです。朝6時前後にはもう現場に来ておられるんだけど、掛け違って会えなかった時にはしょんぼりしちゃって(笑)
ご主人 会えたら会えたで、話し込みすぎて遅刻しそうになったこともあったよなあ(笑)。最近は育児休暇を男性も取れるように、徐々になってきていますが、家づくり休暇が必要だなと本気で思いますね。だって育児をする上でも、住まいのことってとても大切でしょう。そうすればお父さんたちがもっと家づくりに関われるのに…。イクメンならぬイエメン(笑)。是非そうなるよう、応援したいですね。

 


 

裕介

 
お施主様の気持ちをよく汲み取って、
わくわくするような提案をしていきたい
裕介 あらためてお聞きしますが、住んでみての感想はいかがですか。
ご主人 不満は全くないです。日々、気持ちよく暮らさせてもらっています。
奥様 ゆっくり吟味して、一つ一つ納得しながら進めることができたので、私もとても満足しています。一般的なお家の建て方と比べて、横田建設さんの場合は、家づくりのプロセスにずいぶん時間をかけられますが、私たちにはそれがとても良かったです。また、一生懸命勉強して、イニシアチブをとっていくのは主人ですが、決める前に必ず一つ一つ相談してくれたので、その点は主人に感謝しています。
ご主人 無視するとあとがこわいですから(笑)。
浅岡 K様はいま横田建設のホームページで、「建主さんの家づくりブログ」というコーナーをもってくださっていますが、私たちにとっても、建てる側の物の見方や感じ方をリアルに知ることができる、とても貴重なページです。
ご主人 あくまで個人的な体験なので、どこまで普遍性を持っているかはわかりませんが、「こんなことを考えて、こんな風にしたら、こうなりました」ということをありのままに書いて、これから建てる人の参考に少しでもなれば、と思います。他の人もページを立ち上げてくれれば、もっと嬉しいのですが。
裕介 そうですね。これから横田建設でもお施主様と一緒にできることや、お施主様同士の交流などを、もっと考えていかなくては、と思っています。そんな中からお施主様の気持ちを汲んだ、わくわくするような提案をしていきたいですね。どうか、これからもご意見を聞かせてくださいね。
浅岡 よろしくお願いします。
K様ご夫妻 こちらこそ、よろしくお願いします。

「 横田建設との家づくりを振り返る 」

これからも住み心地をくださいね!

次のステップにオススメ

横田建設の「涼温な家」の性能や住み心地を実際に体感していただける2つの体感ハウスがございます。ご興味をお持ちの方はぜひご体感ください。

横田建設の「いい家」の住み心地はいかがですか? - お客様邸 にある

その他の住み心地感想集

ページトップへ