スタッフブログ

知ってる?≪隙間相当面積/C値≫

伊藤 まゆみ 自己紹介へ

隙間相当面積(すきまそうとうめんせき)とは

C値(しーち)とも言い、家の気密性(すきまの量)を示す指標のこと。

 

家全体にある隙間面積(?)を延べ床面積(㎡)で割ったもので単位は㎠/㎡

この数字が小さいほど気密性が高いのです

 

この隙間相当面積は次世代省エネルギー基準で

北海道・青森・岩手・秋田は2㎠/㎡

宮城・山形・福島・栃木・新潟・長野は5㎠/㎡

一部例外はありますが、上記以外は10㎠/㎡ という規定があります

 

家全体の隙間面積は気密測定によって調べることができます

このようなファンを窓に取り付け、室内の空気を強制的に外に吐き出します。

この時に生じる室外と室内の気圧差と風量を測定することにより、隙間面積を算出するのです

 

この測定は、講習を受講し試験に合格した「気密測定技能者」が行います

家の品質を左右する大事な気密測定ですからね

横田建設では、一棟一棟測定しています

 

ここ最近の我が社の数値は

0.16㎠/㎡

0.27㎠/㎡

0.21㎠/㎡

といったところ。建物の形状や窓の大きさによる影響も多少はあるのですが

この数値はわが社の自慢です

 

この「C値」

“施工の精度の良し悪しの数値でもある”と

言っていたのは社長

【C値は手仕事の成果】

 

 

ここのホームページ【ただ今建築中】では毎度おなじみのC値とは

大事な大事な家の性能だけでなく、作り手側の成績表とも言えるのです。

記事一覧|2014年12月

ページトップへ