「いい家」は外断熱でつくる

住む人の健康を願うから

外断熱しか建てない。

住み心地体感ハウス

≪基礎≫≪構造≫≪外断熱≫≪換気システム≫。これらの要素が組み合わさって、横田建設の家になるのです。「でも、それってどんな家なの?知りたいわ」。そんな皆様の声に応えるのが体感ハウス。ゆっくりと寛ぎながら、横田建設の家の"住み心地"を体感してみてください。

資料請求

住み心地がよく、「安心」「健康」に暮らせる家に住みたいと、本気で願っているみなさまへ。
そのために、何を知り、何をするべきかが見えてくる本があります。

PhotoGallery

"人にとって 住み心地のいい家"が 長持ちする家

何年経っても、住んでいて気持ちがいいと思える家は、じつは「空気」が違います。

室内だけでなく、躯体内や床下も含めて、家中に一定の温湿度のきれいな空気が流れているため、カビや腐朽菌を発生させることもなく、家が長持ちするのです。

そのための前提条件としてまず必要なのが、外断熱工法。そしてもう一つの重要な要素が「換気」です。

この換気を計画的に行うのが、横田建設の建てる涼温な家の「涼温換気システム CD-HEV」。

家の中心に近い所に、小屋裏から床下までのダクトを立て、このダクトを通して、浄化され、温湿度を程よく調節された新鮮な空気を各部屋に分配、汚れた空気は各部屋の天井に設けられた排気口を通して集められ、小屋裏から戸外に排出されるという仕組みです。

この換気はもちろん、床下でも小屋裏でも同じように行われています。そのため、建物の中に温度や湿度の差ができず、結露やカビが起こりません。

"家そのものを健康な状態に保ってやれば、そこで暮らすお客様を取り巻く環境は当然よくなり、お客様自身の健康にもつながる"。横田建設がつくる「涼温な家」は、そうした考えに基づいた家なのです。

住み心地を決めるものをもっと知る