断熱材の中を蟻道にする憎いシロアリ

シロアリを侵入させない対策が必要です

木造家屋などに棲みつき、木材を食い荒らす、恐ろしいシロアリ。アリという名前がついていますがゴキブリの仲間で、特に日本のイエシロアリは、IUCN(国際自然保護連合)により「世界の侵略的外来種ワースト100」に指定されている悪役です。

このシロアリは、断熱材の中を蟻道(トンネル)として利用し、土台に辿り着くことが知られています。基礎も含めて外断熱を行うことは、コンクリートの劣化を防ぎ、床下環境をよくするためには不可欠。そこで、シロアリの進入を許さないための対策が課題となります。

 


 

シロアリの立たない断熱材を使え

横田建設が採用しているのは「ミラポリカフォーム」を使ったシロアリ対策。

「ミラポリカフォーム」は、発泡プラスティックや合成樹脂製品の製造メーカーである㈱JSPによって開発された防蟻性断熱材。非常に硬いので、さすがのシロアリも歯が立たず、中に蟻道をつくることができません。その性能の高さは、京都大学との共同研究によっても実証されています。

また、薬剤を一切使用していないので、人や環境にやさしいところも採用した理由の一つになっています。

「ミラポリカフォーム」を使ったシロアリ対策

 

ミラポリカフォーム 

発泡プラスチック性なので、木材と同じようにノコギリでの切断ができ、またクギ・ビス・カッター止めも可能です。

 

ページトップへ