きれいな空気への進化 CD-HEV「涼温な家」

構造は木造軸組み 断熱の方法は基礎も含めて外断熱である。

 

横田建設では、風雨や暑さ、寒さ、湿気などから家を守る方法として「外断熱工法」を採用しています。

ご存知のように、日本の伝統的な家の建て方である木造軸組み工法では、土台の上に柱を立て、そこに梁を渡して家の骨組みをつくっていきます。外断熱工法とは、その柱の外側に板状の断熱材を張り付け、家そのものを断熱材ですっぽりと覆ってしまうものです。

この構造の長所はたくさんありますが、その中から主なものを挙げてみましょう。

 ≪外断熱の長所≫

  • 気密がとりやすい
  • 断熱ラインが不連続にならない
  • 構造体が風雨や湿気から守られるので耐久性が高まり、資産価値が増す
  • 構造体内部に結露の発生を促す温度差が生じない
  • 床下も小屋裏も、室内と同じ環境になる

 外断熱に対して内断熱と呼ばれるものがありますが、これは、柱と柱の間に断熱材を充填するため、断熱ラインが柱で遮られる、気密が取りにくい、小屋裏、床下が外部と同じ環境になり、室内と温度差を生じるなどの弱点があります。そのため、横田建設では内断熱工法は採用していません。

 

外断熱(外張り) 内断熱

 

 


 

気密性能の良さは手仕事の成果

 

高気密・高断熱住宅には欠かせない外断熱工法ですが、施工においてはほんの少しのずれも隙間も許されません。横田建設では、一邸ごとに気密測定検査を行ってからお引き渡しをしています。

気密度は、1㎡あたりにどれくらいの隙間があるかを示したC値で表されます。省エネ基準に定めるC値は5㎠/㎡以下、次世代省エネルギー基準が定めるC値は2㎠/㎡以下ですが、横田建設の家のC値は平均して0.2~0.3㎠/㎡という、非常に高い基準をクリアしています。

施工に際しては、一度断熱材を張ってつなぎ目を塞いだ後、さらにその上からもう一度断熱材を張っています。その際に、つなぎ目のところを断熱材で塞ぐようにし、気密性を高めています。

横田建設の家は全棟【気密測定】を実施。

断熱材で隙間なく覆われた構造体。

横田建設の家は全棟【気密測定】を実施。

“C値は手仕事の成果”であることから

施工する側にとって、数値は成績表とも

言えるのです

 

 


 

換気の方法は換気「CD-HEV」

1台のエアコンで家中を快適に

 

浄化フィルターを通して小屋裏に取り入れた新鮮な空気を、センターシャフト内のダクトを通して各部屋に送り届け、各部屋の天井の排気口から小屋裏に戻った空気を屋外に排出する涼温換気システム「CD-HEV」を採用しています。

涼温換気システムにCDエアコンを付加すると全館涼温房の「涼温な家」となり、住み心地の質が格段に上がります

 

 

 「住み心地」の質

 

換気には窓を開閉して行う第四種換気(自然換気)、排気だけモーターを使って行う第三種換気、反対に給気にだけモーターを使う第二種換気、給排気の両方にモーターを使う第一種換気とがあります。

 また第一種換気には、熱交換できるものと給排気だけのものがあり、さらに熱交換できるものの中でも、熱だけ交換するものと、熱とともに湿度も交換できるものとに分かれています。「CD-HEV」は、温度・湿度ともに交換できる全熱交換機を用いた第一種換気です。

 

「CD-HEV」は、温度・湿度ともに交換できる全熱交換機を用いた第一種換気です

 

「CD-HEV」

  

  


 

  

現代に生きる私たちは、排気ガス、ほこり、花粉などに取り巻かれ、きれいで新鮮な空気を苦労なしに取り込める環境に暮らしている人はごくわずか。だからこそ、積極的・計画的な換気を行わなくてはならないのです。

横田建設がつくるCD-HEV「涼温な家」は、気密性の高さゆえに計画的な換気が可能な家。きれいな空気が、いかに健康にとって大切なものであるかを、住んでみて実感したという声を、多くのお客様からいただいています。

お客様の声はこちら

 

体感ハウスの予約はこちらから

涼温換気SA-SHEの家

 

 

ページトップへ