住み心地を決めるもの

"人にとって 住み心地のいい家"が 長持ちする家

さて、長期的強度の話をしてきましたが、結局のところ長持ちする家をひと言で表現すれば、「住み心地のいい家」だということが言えそうです。

何年経っても、住んでいて気持ちがいいと思える家は、じつは「空気」が違います。室内だけでなく、躯体内や床下も含めて、家中に一定の温湿度のきれいな空気が流れているため、カビや腐朽菌を発生させることもなく、家が長持ちするのです。

そのための前提条件としてまず必要なのが、前章でもお話した外断熱工法。そしてもう一つの重要な要素が「換気」です。

この換気を計画的に行うのが、横田建設の建てる涼温な家の「涼温換気システム CD-HEV」。家の中心に近い所に、小屋裏から床下までのダクトを立て、このダクトを通して、浄化され、温湿度を程よく調節された新鮮な空気を各部屋に分配、汚れた空気は各部屋の天井に設けられた排気口を通して集められ、小屋裏から戸外に排出されるという仕組みです。

 

 

家を健康にしてやれば、住まう人も健康になる

「家の中の換気を計画的に行うことはわかったけど、そんなに空気に違いがあるのかしら?」。そのような疑問を持つ方もおられることでしょう。空気は目で見るものではなく、感じるもの。横田建設では、そういったお客様には、「一度体感ハウスにいらっしゃいませんか」とお声かけしています。

訪れた方は、ほぼ100%「空気が気持ちいい」と目を見張り、冬であれば「足元がスース―しない」、夏であれば「冷房の風が直接肌に当たる気持ち悪さがない」と感心されます。これは部屋の隅々まで換気が行われているからこそ。空気が滞留していない証拠です。打ち合わせ中に気持ちがよくなって、眠ってしまう子供さんもおられるほどです。

この換気はもちろん、床下でも小屋裏でも同じように行われています。そのため、建物の中に温度や湿度の差ができず、結露やカビが起こりません。
"家そのものを健康な状態に保ってやれば、そこで暮らすお客様を取り巻く環境は当然よくなり、お客様自身の健康にもつながる"。横田建設がつくる「涼温な家」は、そうした考えに基づいた家なのです。

家を健康にしてやれば、住まう人も健康になる

 


 

お客様の

外から帰ってきた時に、家の中が気持ちいいんです

さいたま市K様

 

以前住んでいた社宅では、窓を開けると花粉がわーっと入ってきて、排ガスもすごかったんです。「家を建てるとしたら、絶対に住み心地にはこだわりたいね」って言いながら、建ててくれる会社を探しました。

ハウスメーカーや工務店、いろいろなところを回ったけれど、やはり横田建設さんの説明は説得力がありました。実際住んでみて感じるのは、外から帰って来た時に、家の中の空気が気持ちいいと感じること。普通は閉め切って出かけたりすると、もわっとしているものでしょう?そういうことは全くなくて、むしろ外よりも気持ちがいいくらい。子供たちも小さいので、本当にいい時期にいい工務店に出会えたと喜んでいます。

さらに詳しくお聞きしました!
住み心地感想集

ページトップへ