社長ブログ

所用で埼玉県東部に行った時のこと。

目的地付近はJRの最寄り駅から近く、大きな池や公園があり、とても住みやすい街の印象でした。

早めに着き、天気も良かったことから、池の反対側まで散策していると・・・

このような看板が・・・。

4m程の道路を挟んだ所には、築年数の浅い住宅が多く建ち並んでいて、そちらに向かっての文言なのは明らかです。

道路を挟んで工業地域と住居地域に分かれている場所で、経緯は分かりませんが、住宅が建つずっと前から工場があったのでしょう。

法規的には全く問題はありませんから、そこに家が建つのは理解できます。

様々な条件、事情を勘案して、そこに家を建てたい人、住みたい人がいることも理解できます。

私が最も気になるのは、その時に、家を建てる側の会社がどう考えたのか?ということ。

これだけ大々的に粉塵・騒音・異臭を告知しているのですから、道路一本隔てただけの場所では、

それらの影響は免れないのだと思います。

換気や気密の重要性をどう考えて建てたのか?

第三種換気や低気密、単板ガラスのサッシの家という選択はあり得ない場所です。

ここは『涼温な家』一択でしょ!!と心の中で叫んだ午後でした。

 

次のステップにオススメ

横田建設の「涼温な家」の性能や住み心地を実際に体感していただける2つの体感ハウスがございます。ご興味をお持ちの方はぜひご体感ください。

記事一覧

1ページ (全34ページ中)

ページトップへ