横田 裕介 自己紹介へ

『カルボナーラ』

2015/11/14(土) 男の料理全て

長男に「いつでもいいからお父さんが作ったカル

ボナーラが食べたい」と言われ渋々作ることに。

渋々と言っても、元イタリア料理人としては、手

抜きは一切できません。本当はビシッと本場の味

を再現したいのですが、近所のスーパーで手に入

る食材には限りがありますし、本場の味は子供に

は少々重いので、今回は一般的な軽めのカルボナ

ーラにしました。本当はパンチェッタ(塩漬け豚

肉)とペコリーノロマーノ(羊乳のチーズ)で作

りたいのですが、ベーコンとパルミジジャーノレ

ッジャーノで代用し、生クリームを加えて軽い仕

上がりにしました。

ベーコンは拍子木切り。チーズはすりおろして生

クリームと卵、黒胡椒と混ぜておきます①

フライパンにオリーブオイルとカットしたベーコ

ンを入れて、弱火で焦げないように丁寧に炒めま

す。ここでカリカリになるまで炒めることで、味

が格段に上がりますので、油はねに注意しながら

じっくりと炒めておきます。炒め終わったら火か

ら外して冷ましておきます(フライパンが熱々だ

と①を入れたときに一瞬で卵が固まってぼそぼそ

になってしまいます) パスタが茹で上がったら

フライパンに入れてサッと混ぜ、①を加えて弱火

にかけながら卵が固まらないように素早く和えま

す。全体的にトロッとしてきたらお皿に盛りつけ

粗めに挽いた黒胡椒をかけて完成です。

 

子供たちはもちろん、チーズが苦手な妻も最初は

喜んで食べてくれましたが「美味しいけど重いか

らおかわりはいらない」と言われてしまいました

・・・。次は本場バリバリのカルボナーラを一人

で食べてやる~と心に決めたのでした(^^;

 

 

 

 

スパゲッティー(1.7mm)・ベーコン・黒胡椒

チーズ(パルミジャーノ)・生クリーム・卵黄2

全卵1・オリーブオイル・塩

 

1ページ (全34ページ中)