社長のブログ

人生初!!

横田 裕介 自己紹介へ
2013/12/02(月) 日々のこと全て

先週末、今年の初夏にお引渡しの熊谷市D様が経営されている

オーダーメイドスーツのお店に伺いました。

お店の場所は銀座です・・・生粋の玉っこである私には少々ハードルが高い気がしますが・・・(^^;

最初にD様から家の住み心地に関してうれしいお言葉をいただき、私の緊張もほぐれました。

本当はオーダースーツに相応しい体に絞りたかったのですが、食欲の秋に負けてしまい・・・ orz

さて本題のスーツ。

私は今まで既製品のものしか買った事がありませんでした。

いい家を一からつくる仕事に就きながらお恥ずかしい話ですが、私の中でスーツとは

お店に並んでいる中から色・サイズ・予算等で決定し、買うものと考えていました・・・今までは。

その結果、多少上着の丈が長くても、ズボンのサイズが合わなくても着れればいいかななんて・・・。

でもそれでは住宅展示場に行き、家の住み心地を考えずに、デザインや設備の豪華さ、

価格のみで判断しハウスメーカーと契約する人と変わらないじゃないか・・・と気づいたのです。

上質な着心地・その人の体型に合わせたサイズ・デザイン、価格。

上質な住み心地・その人、そのご家族の生活スタイルに合った大きさ・間取り、予算。

社長は言います「我々はものを売っているんじゃない、つくっているんだ」と。

オーダーメイドスーツと注文住宅、同じ[ものづくり]・・・共通点は多いんですね。

D様、とても勉強になりました。ありがとうございます。完成を心待ちにしております♪

 

今回のスーツ 生地はイタリア好きの私にはたまらない、イタリアはミラノに本社を置く

エルメネジルドゼニアのトロフェオ。イタリア語でトロフィーの意味だそうです。

受け売りなので詳細は省かせていただきますが、良い生地なんですね~(^^

そのようなスーツを着るに相応しい人間にならなくては・・・と決意を新たにするのでした☆

記事一覧|2013年12月

ページトップへ