社長ブログ

横田 裕介 自己紹介へ

『色んなものを撮ってみた2』

8月に入り、さらに暑さが増した感じがします。

そんな暑さの中、本日もサーモカメラで色々な

ものを撮ってみました。

まずは中古住宅の南側のアルミサッシ。

単板ガラスの二重サッシですが、右下の画像の

通り、アルミ枠の部分が60℃を超えています。

画像では青く、冷たい印象を受ける部分も実際は

42℃超えです。これではいくらエアコンを上手に

使用しても、満足する住み心地は得られません。

これから建てる家で、このような家を建てると

したら、それは欠陥住宅と言っても過言では

ありませんから、すぐに考え直しましょう。

 

続いて、同じ建物の小屋裏です。

この家は、二階の天井と小屋裏の床との間に

グラスウールが敷かれていました。

断熱ラインの外側にある小屋裏が、どれだけ暑い

かが、よく分かります。

右側の屋根面の方が温度が高いのは、南側の屋根

だからです。ここで小屋裏エアコンを使用しても

焼け石に水・・・。

物置にしか使えませんが、機械類はこの暑さが

故障の原因になるので、置くものにも注意しない

といけません。

『家の作りやうは、夏をむねとすべし』と

ありますが、これからの家づくりは

『夏も冬も、いや一年中むねとすべし』ですね。

一年中旨とする家=な家

サウナ状態の家を撮影している間に滝のような汗

をかき、着替えに戻った我が家はな家。

 

そこに住める幸せを噛みしめながら、再度現場に

向かうのでした♪

 

 

 

記事一覧|2015年8月

ページトップへ