社長のブログ

成長した400人

横田 裕介 自己紹介へ
2019/03/16(土) 日々のこと全て

 庭の梅が満開になり、春の訪れを感じるようになりました。

我が家では長男が高校を、二男が小学校を卒業とイベント盛りだくさんの春です。

昨日は一足先に高校の卒業式が行われ、この機を逃すともう行くことが無いと思い、私も参列することに。

 校長先生が卒業生に贈る言葉の中で『多摩大学大学院の田坂教授』の著書からの引用として「『真のエリート』とは、『厳しい競争を勝ち抜いた人間』のことではなく、『真のエリート』とは、自分が『恵まれた人間』であることを知り、そのことに感謝し、その深い感謝を、世の中の多くの人々の幸せのために生きることによって、表して歩む人間のことだ。」と仰いました。 何故か私も感動(^^;

祝電の発表では「ご卒業おめでとうございます。社会の第一線、どうか世のため人のために世界中に羽ばたいてください。皆様は宝物です。本当に三年間ありがとうございました。」※せんりゅうのおばちゃんより というオチで会場が笑いに包まれ、とても良い雰囲気の卒業式でした。

 第一志望の大学に合格した生徒さん。必ずしもそうでなかった生徒さん。高校4年生(予備校1年生)に進級し、別校舎でもう1年頑張ってリベンジを誓う生徒さん【失礼なようですが、この学校では皆さんこう言います】 これから歩む道は人それぞれですが、多くの仲間と共に無理難題に立ち向かったこの3年間は、かけがえのない人生の宝物となるでしょう。

 まだまだ子供の様に見えた3年前とは心身ともに見違えるように成長した400人の『漢』たち。「ご卒業おめでとうございます・・・そして、ありがとうございます。」私は彼等から凄まじいパワーを頂きました(^^ 感謝 

※仙龍(せんりゅう)は学校近くにある学生御用達の古き良き食堂です。

記事一覧|2019年3月

ページトップへ