横田 裕介 自己紹介へ

続・ハウスメーカーの実態

事務所隣の賃貸アパートのリフォーム工事が進行中です。

調べれば調べるほど、日本有数のハウスメーカー【Sハウス】の杜撰な工事実態が明らかになっています。

下の画像はユニットバスを解体した箇所です。基礎は無く、コンクリートブロックを雑に積んだ上に土台が敷かれています。

寸法を間違えたか・・・計画変更があったのか・・・今となっては定かではありませんが、強引にユニットバスを施工する為に土台を大きく欠いています。

大引きを受ける金物は全箇所ナットが締められていません。約40年間、合板や床材、家具等の自重で押さえられていたのでしょうか・・・。

因みに基礎外周部や土間コンクリートの様子から、建物本体の不同沈下は見受けられませんが、基礎の高さは部屋の対角で約40mmの差があります。

おそらくビー玉は転がり放題だったでしょう。前オーナーはどのように暮らしていたのか不思議です。

断熱・気密以前の問題で、約40年前の物件だからと片付けられる内容ではありません。

これが日本有数のハウスメーカーの実態・・・今は大丈夫?本当でしょうか?

 

次のステップにオススメ

横田建設の「涼温な家」の性能や住み心地を実際に体感していただける2つの体感ハウスがございます。ご興味をお持ちの方はぜひご体感ください。

1ページ (全36ページ中)